消費者大会第6回実行委員会の進め方等を意見交換しました

 9月15日(木)10時より、浦和コミュニティセンター第15集会室にて9月度幹事会が開催され、5団体5人、事務局2人が出席しました。

審議事項

1.第51回埼玉県消費者大会関連

(1)第5回実行委員会報告

前回の話し合いの内容のふりかえりと、検討スケジュールの変更点について報告しました。

(2)第6回実行委員会について

資料(案)をもとに、次の協議事項についての検討と実行委員会のすすめ方について、話し合いを行いました。

1要請書については、重点となる項目を設定し、県との懇談でも口頭でのやりとりを行うようにします。重点項目は大会当日のふりかえりの会で確認します。

2大会アピールは、情勢が激しく動いていることから、大会本冊子には入れずに別刷とすることを確認しました。

3大会アピールの必要性について論議があり、考え方を次回大会に向けて話し合うことを確認しました。

4基調報告・要請書の扱いについて論議し、実行委員会で論議を積み重ねて作成してきたものであることから、報告扱いとすることを確認しました。ご意見のある方には、アンケートの記入を報告時に呼びかけることとしました。

2.名義後援について

コープみらいフェスタinスーパーアリーナへの後援を確認しました。

3.協賛名義使用について

(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会の学習会への使用許可を確認しました。

4.消費者契約法専門調査会「中間取りまとめ」への意見募集

意見提出について話し合いを行い、期間内に意見書を埼玉消団連として提出することを確認しました。

報告・確認事項

1.食品安全政策強化の取り組み

・「9/9食の安全県民会議報告」

2.消費者行政充実強化の取り組み

・埼玉消費者被害をなくす会の活動報告

・埼玉消費者行政充実会議

消費者被害防止の担い手学習会の案内

3.お知らせ事項・報告として

・8月度幹事会報告

・脱原発再生可能エネルギーの促進、私たちのできること学習会案内

4.各団体交流

5.次回幹事会

・10月20日(火)10時〜埼玉県生協連会議室