学習意欲に満ちて、5つの分科会に500名が参加しました 第49回埼玉県消費者大会・分科会

 10月10日午後、第49回埼玉県消費者大会の分科会が、埼玉会館小ホールと各会議室の5つの会場で開かれ、全体で約500人が参加しました。助言者の報告、各団体の取り組みや事例報告、参加者の意見交流、質疑がおこなわれ、それぞれ課題を深めました。

<第1分科会:食> 153人参加

食の今を考える〜その情報は…?〜

助言者 大村 美香さん

(朝日新聞 生活グループ編集委員)

<第2分科会:医療・社会保障> 132人参加

どうなるの!これからの医療・介護

助言者 増永 哲士さん

(医療生協さいたま生活協同組合 理事)

<第3分科会:消費者問題> 83人参加

安心して暮らせるために〜甘い言葉にだまされない〜

助言者 消費者庁 消費者政策課 後藤 隆昭さん

助言者 松岡 昭任さん

(公益社団法人全国有料老人ホーム協会参与)

<第4分科会:くらしと経済> 66人参加

いま、私たちのくらしは!?

〜構造改革のゆくえを考える〜

助言者 山家 悠紀夫さん(暮らしと経済研究室)

報告者 藤田 孝典さん

(NPO法人ほっとプラス代表理事)

<第5分科会:教育・子育て> 54人参加

大丈夫?うちの子

〜もう一歩、親が視野を広げるために〜

助言者 白鳥 勲さん

(さいたま教育文化研究所 副所長)