6月度・埼玉消団連幹事会 報告

【日時】
6月23日(水)10:00〜12:00
【場所】
埼玉県生協連・会議室
【出席者】
11人(県婦連、コ―ペル、新婦人、母親大会連絡会、公団自治協、生協ネットワーク協議会、埼玉消団連)

■審議事項(○は意見交換)

  • 食品安全政策強化の取り組み
  • (1)食の安全県民会議(6/8)傍聴と第2回食の安全オンブズ会議(6/10)について

     オンブズ会議では、農林部による「埼玉県における農業政策」の農業・農村の6次産業化の推進や、米戸別所得補償モデル事業等についての学習と懇談を行いました。

    (2)関東農政局との意見交換会(7/7)の開催について

    (3)遺伝子組み換えのパパイヤの輸入について

    ○これを契機に他の遺伝子組み換えの生鮮食品も、輸入の方向になることが危惧されます。

    (4)農業生物資源研究所による、「説明が難しいテーマに関する説明会」の開催について

  • 消費者行政充実強化の取り組み
  • (1)埼玉県の消費者行政の取り組みについて情報提供しました。

    (2)埼玉消費者被害をなくす会の取り組み:着物レンタル業者と第1回期日、事業者との意見交換、第7回総会(6/29)開催について

  • 埼玉県地方薬事審議委員会委員の推薦について、確認しました。
  • 「さいたまコープ40周年記念スーパーフェスタ」後援依頼について、了承しました。
  • 「2010年度第1回県内消費者団体交流会(6/4)」について報告をしました。
  • 「第25回埼玉県原爆死没者慰霊式(7/25)」の開催について
  • 「NPT再検討会議での成果とニューヨーク行動参加者報告会(7/14)」の開催と参加について
  • 第46回埼玉県消費者大会
  •  第3回実行委員会に向けた、基調報告1次案について、スローガンの検討、分科会、責任団体の分担と進め方の確認をしました。

  • 各団体交流