12月度・埼玉消団連幹事会報告


【日  時】 2009年12月25日(金) 10:00〜12:00
【場  所】 埼玉県生協連会議室
【出席者】 10人(コーペル・新婦人埼玉県本部・母親大会連絡・公団住宅自治協議会・生協ネットワーク協議会・埼玉県生協連・埼玉消団連)

審議事項 (*は意見、話題)
1. 食品安全政策強化の取り組み
(1) 第26回食の安全県民会議、関東信越厚生局との学習懇談会等の取り組みについて報告しました。
(2) 「平成22年度 埼玉県食品衛生監視指導計画(案)」への要望案をまとめ、提出する準備を進めていることを報告しました。
2. 消費者行政充実強化の取り組み
(1) 「新しい消費者基本計画」に、全国消団連から意見書を提出、1月中旬、消費者庁から骨子案と第2次意見募集が出る予定、消費者行政充実検討委員会から、消費者庁の「地方消費者行政強化プラン」に対し現時点での考え方をまとめ提出したことを報告しました。
(2) 12月17日埼玉消団連や弁護士会などから埼玉県知事あてに「消費者行政推進の本部の設置」等を求める要望書を提出し知事との懇談を行ったことを報告。
(3) 消費者庁のホームページに掲載の「埼玉県消費者行政活性化計画」の資料提供をしました。
(4) 埼玉消費者被害をなくす会の取り組みと、理事会・検討委員会・活動委員会報告と大学生協で不当表示についての調査活動が行われていることを報告。
3. 「核兵器廃絶を求める」意見広告の実施について
各団体ごとに賛同者の目標を設定し、呼びかけの協力をお願いしました。
4. 消費者大会実行委員会と県との懇談会について、県からの回答書をもとに報告しました。
5. 各団体交流