8月度・埼玉消団連幹事会報告


【日  時】 2009年8月26日(水)10:00 〜12:00
【場  所】 浦和コミュニティセンター 第14集会室
【出席者】 7人(コーペル、埼玉母親大会連絡会、生協ネットワーク協議会、埼玉消団連)

審議事項
1. 食品安全政策強化の取り組み
(1) 体細胞クローン由来食品に関する説明会」報告。
(2) 埼玉県米消費拡大推進協議会(7/16)、埼玉県地産地消推進協議会(7/22)、第3回畜産協議会(7/31)報告。
(3) 「鶏卵需給安定強化特別対策事業に係る消費者との交流会」のチラシの配布と出席の協力について確認されました。
(4) 埼玉県食肉事業協同組合連合会の「料理セミナー」の参加希望者を消団連事務局で受けること、小売情報交換会委員の委員は、コーペルから1人推薦していただくことが確認されました。
2. 消費者充実強化の取り組み
(1) 消費者庁・消費者委員会の発足に向けて、全国消団連とユニカネットが、慎重な起ち上げを求める要望書を提出したことを情報提供。
(2) 消費者委員会の9月1日の発足に向けての緊急集会(9/1)のご案内
(3) 地方消費者行政の活性化に向けて、埼玉弁護士会と消費者行政充実埼玉会議が、シンポジウムを9月25日(金)18:30〜浦和コミュニティセンターで予定していることを報告。
3. 第24回埼玉県原爆死没者慰霊式について報告。
4. 第45回埼玉県消費者大会の基調報告第3次案を本日検討いただくこと、全体会・分科会の進捗状況と実行委員会で話し合う内容が確認されました。
5. 県との懇談会の日程について 11月下旬で開催日程候補を挙げていく方向で確認されました。