埼玉県生活協同組合連合会

2019年度第7回監事会報告
監査報告書について確認しました

1.日時
2020年5月12日(火)13時00分~15時20分
2.場所
埼玉県生協連 コミュニティルーム
3.出席者
監事総数3人中3人出席
髙藤美和子監事、奥野友佳子監事、佐々木智博監事、県生協連:加藤(事務局)
4.議長
髙藤美和子監事

5.議事の経過の要領とその結果

髙藤監事より、第7回監事会を開会することの提案があり、確認されました。

会長理事との懇談

新型コロナウイルス感染拡大を受けた会員生協の経営状況、第6回理事会の進め方、第48回通常総会の進め方を中心に懇談を行いました。

議決事項

監事監査規則の一部改定の件

髙藤監事が、現行規約について、第13条の2項および第16条の「使用人」という表現の削除、体制や表現、言い回しを整えることを目的とした一部変更について諮ったところ全員異議なく議決されました。なお、本規則の改廃は監事会が行い、総会の承認を得るものとなっており、議決したものを第49回通常総会において議案として提案します。

審議事項

  1. 消費生活協同組合法第30条の3第2項の規定にもとづき作成した監査報告書の内容を確認し、署名・押印を行いました。
  2. 第49回通常総会の議案について審議を行いましたが、指摘事項はありませんでした。
  3. 2019年第6回理事会の議案について審議しましたが、指摘事項はありませんでした。
  4. 改善整備報告書に対する監事の意見書を作成し、第6回理事会で報告を行うことを確認しました。
  5. 各生協の監事監査規則を参考に意見交換を行いました。2020年度の検討課題として継続して稟議することを確認しました。
  6. 監事会の冒頭に、公認会計士との懇談を行い、2019年度の埼玉県生協連の会計状況について意見交換しました。

15時20分にすべての議事が終了しました。

活動のご紹介