サイトマップ 加入について プライバシー お問い合わせ アクセス リンク集
トピックス
埼玉県生協連について
県内の生協
県生協連ニュース
お知らせ
速報・写真ニュース
埼玉消団連
埼玉消費者被害をなくす会
埼玉県生協連TOPページへ

2019年度埼玉県予算編成に向けて要望しました

 8月2日(木)15:00より、埼玉県生協連会議室にて、埼玉県と埼玉県生協連との第1回定期協議を開催し、埼玉県消費生活課より3人、埼玉県生協連より5人が出席し、2019年度埼玉県予算編成と行政執行に関する要望書をお渡ししました。

1.あいさつ

田中課長:これから本格的に次年度予算策定に入ります。昨年度は消費生活相談が増加しました。成年年齢引き下げに伴い消費者教育の推進や高齢者被害防止に対応していきたい。

岩岡会長理事:埼玉県と埼玉県生協連は同じ方向に進んでおり、埼玉県の施策を学習する機会を各部局と設けています。今年度新たにJCA(日本協同組合連携機構)が発足し、協同組合の価値を高める様々な取り組みを広げていきたい。

2.議題

(1)岩岡会長理事から埼玉県生協連の「2019年度埼玉県予算編成と行政執行に関する要望」について説明し、3つの重点課題、第一に核兵器廃絶・平和・憲法の学習、第二に消費者被害防止、第三に生活困窮者支援に取り組むことを報告。主な内容は以下のとおり。

① 生活協同組合の発展が県民生活の安定にとって重要との位置づけから、生活協同組合への支援策を引き続き強めること

② 食の安全・安心条例にもとづく、食の安全を確保する施策を促進すること

③ 消費生活条例に基づく消費者行政の充実をはかること

④ 介護・医療・福祉・高齢者施策を一層強めること

⑤ 環境対策を引き続き強めること

⑥ 生活困窮者支援をさらに強めること

⑦ 地震・風水雪害等の災害対策をさらに強めること

(2)県からの報告(昨年度の検査結果から)

(3)会員生協からの報告

○コープみらい…コープみらいフェスタ、西日本豪雨災害募金、財団給付型奨学金、コープデリ商品検査センター、ヒバクシャ国際署名

○医療生協さいたま…総代会報告、赤字決算、今年度黒字基調、熱中症対策で熊谷生協病院が取材

(4)懇談〜医療生協さいたまの総代会に参加した感想や、子どもの貧困と学習支援など多岐にわたり懇談を実施しました。