サイトマップ 加入について プライバシー お問い合わせ アクセス リンク集
トピックス
埼玉県生協連について
県内の生協
県生協連ニュース
お知らせ
速報・写真ニュース
埼玉消団連
埼玉消費者被害をなくす会
埼玉県生協連TOPページへ

埼玉県生協連「第3回福祉担当者会議」報告

【日  時】 2月4日(水)14:00〜16:00  【場  所】 埼玉県生協連・会議室
【出席者】 8人(さいたまコープ、ドゥコープ、勤労者生協、医療生協さいたま、さいたま高齢協、埼玉県生協連)

1. 伊藤専務あいさつ
 介護報酬が3%上がります。介護福祉の現場は、重労働、低賃金で離職率が高く、また、保険あって介護なしの不安が国民にあり改定されました。世界大不況で、不安定な輸出や外需の経済から内需を中心にした安定した経済に転換しないといけない。重要政策としては、社会保障政策、環境政策、農業の再建・充実が大切です。この大変な中でも、いろいろな要望や声を出して実現していくことが大切です。
2. ミニ学習会
「介護報酬はどう変わる」 講師 医療生協さいたまより
<要旨>
前回の改定案は1月に出て、2月にQ&Aや解釈通知が出たりして厚生労働省の対応が早かった。今回は、詳細も決定されてなく解釈通知も出ていません。
今回報酬が3%上げられ、1.7%が在宅、1.3%が施設に割り振られます。
人口密集度で地域区分の見直しがされました。
基本報酬が上がらず、介護職員が安心して働ける状況にはなっていません。
認定方式の変更もあり、約3割の利用者の区分が軽度に変更され、利用者・事業者双方にとって良い方向にはいかないのではないか。
2月20日までパブリックコメントを募集していますので不備・不足を指摘して下さい。
3. 共同学習会の内容の検討
4. 各生協の取り組みの交流