埼玉県生協ネットワーク協議会 第6回協議会 報告
 
【日時】
4月20日(水)10:30〜14:00
【場所】
さいたまコープコーププラザ浦和3階会議室
【出席者】
32人(さいたまコープ16人、パルシステム埼玉4人、さいたま住宅生協2人、
埼玉県勤労者生協2人、医療生協さいたま1人、事務局1人)
健康チェックお手伝い6人(医療生協さいたま)

1.滝澤会長あいさつ

2.ミニ学習会

「我が国財政の現状について」

講師:財務省関東財務局

  • 我が国の財政事情は税収と歳出総額が開いてきており、特例公債発行が増えています。
  • 日本は大変急な高齢化で、社会保障関係費が急増。平成23年度予算では過去最高です。今後子供手当等の見直しや震災や原発事故などによる予算を決めていきます。

3.各生協の2010年度活動報告の発表

<さいたまコープ>

地域コミュニケーションづくりに主体的に関わっています。

<パルシステム埼玉・埼玉県勤労者生協>

4月1日より、ドゥコープとユーアイコープのパルシステム事業部門が統合し、「パルシステム埼玉」が誕生しました。

<さいたま住宅生協

地震の被害が出た組合員宅に職員や業者さんは休み返上で修理に伺っています。

<医療生協さいたま>

大震災後13日に第1班の支援隊を宮城県に派遣しました。組合員もアリーナに避難して来られた方々への支援や地域での助け合いを行いました。

<さいたま高齢協>

元気にいきいきを目指し、次の福祉事業を成長させる準備ができました。

4.生協ネットワーク協議会2010年度まとめ(案)と2011年度活動計画(案)

5.応援商品の紹介・・・カレー、フリーズドライ釜めしの素(鳥五目)

6.医療生協さいたまによる健康チェック〜血圧、血管年齢、骨密度、尿検査

♪〜 感 想 〜♪

  • 日本の状況が厳しいという事がよくわかったが、どう改善したらよいのか考えなければなりません。
  • 医療生協さんの協力で和やかに健康チェックができた。健康を考えるよいきっかけになりました。
  • 他生協の取組を知ることや交流もでき、とても良かった。県内の生協がもっとつながっていけるといいですね。
  • 地域のコミュニケーション力の大切さを感じた。
骨密度を測定