サイトマップ 加入について プライバシー お問い合わせ アクセス リンク集
トピックス
埼玉県生協連について
県内の生協
県生協連ニュース
お知らせ
速報・写真ニュース
埼玉消団連
埼玉消費者被害をなくす会
埼玉県生協連TOPページへ

埼玉県生協連第1回広報担当者会議 報告

【日   時】
10月7日(金)13:30〜15:35
【場   所】
埼玉県生協連・会議室
【出席者】
7人(さいたまコープ、パルシステム埼玉、生活クラブ、医療生協さいたま、コ−プネット事業連合、さいたま住宅生協、事務局)

1.自己紹介

2.埼玉新聞「県内生協特集」について(針生執行役員より提案)

今年は1回の掲載とし、11月25日を予定していることや概要について提案し、意見交換しました。

3.各生協の広報の取り組みの交流

<医療生協さいたま>

広報誌の「けんこうと平和」では、震災の関係で4月号の一面を急遽差し替えたこと、10月号特集で「出資金」について取り上げ、組合員には好評です。外部送付物の封筒を透明にしました。

<パルシステム埼玉>

県内統合記念イベント(10・29)を埼玉スーパーアリーナで開催します。ホームページをリニューアルし、事業系から組合員活動をメーンに変更しました。10月2日から新しいテレビCMを流しています。

<さいたまコープ>

にじのひろばは、12ページがコープネット共通で4ページが単協版になっています。コープネットワークは、2回に1回は中面に独自ページを作成しています。震災関連ではアピレ21の特別号を発行しお知らせを強化しました。

<コープネット事業連合>

子育てを卒業したシニア世代向けの商品カタログ「いきいきくらす」を創刊しました。沖縄県伊平村産のもずくは台風の影響で販売終了し、あらたに「黒糖アガラサーミックス」を共同開発し、1袋につき2円を基金として積み立てます。

<生活クラブ生協>

全組合員に配布している広報誌は、スピカ、LIVELY埼玉、COMEONカモンです。

編集委員会で意見交換し作成しています。スピカは6月からページを増やし各ブロックの活動を紹介しています。メールマガジンは約2,400人が登録し震災後は増えています。

<さいたま住宅生協>

広報誌の「快適住まい」は、理事・職員の4人で担当し今年から年3回の発行としました。8月号は、関係業者や職員で地区を決めて手配りしています。無料住宅相談は2年に1回実施し好評です。来年は20周年を迎えます。

4.県生協連からの報告

(1)この間の主な取り組み

埼玉県産米交流会

生協ネットワーク協議会第2回協議会

さいたま支局長懇談会

(2)県連からのリリースについて

第47回埼玉県消費者大会

(3)写真ニュース秋号予定

(4)上期の取り組み