サイトマップ 加入について プライバシー お問い合わせ アクセス リンク集
トピックス
埼玉県生協連について
県内の生協
県生協連ニュース
お知らせ
速報・写真ニュース
埼玉消団連
埼玉消費者被害をなくす会
埼玉県生協連TOPページへ

第47回埼玉県消費者大会 第3回実行委員会 報告

【日   時】
7月15日(金)13:30〜16:00
【場   所】
埼玉会館6B会議室
【参加者】
30人(21団体)+5人(事務局)

■議  題

1.各団体参加者の自己紹介を行いました。

2.第1回プレ学習会と第2回実行委員会、検討スケジュールについて報告をしました。

3.第47回埼玉県消費者大会の基調報告(2次案)を提案しました。

日本は社会の大転換期です。持続可能な社会をめざすためには、考え方、価値観、社会の基本原理が変わることが求められます。人類と地球・自然、生物との共生、世界の国々・人々との共生社会の実現は、個人の利益より地球、国、地域の利益を大切に考える消費者市民が担い手です。地球温暖化も放射能汚染もない未来をめざし、誰でもが安心してくらせる社会を実現しましょう。

4.全体会について

(1)大会スローガンについて

「共生社会」が今大会らしい言葉ではないかとの意見があり、「高めよう、消費者市民力!平和で安心してくらせる共生社会をつくりましょう」と事務局で調整しました。

(2)オープニングについて

(3)記念講演(チラシ案)について

チラシの案に意見をいただき、8月中旬に各団体に配布することを確認しました。

(4)お弁当について

5.本年度の大会参加者目標を事務局から提案し、確認されました。

6. 大会資料の広告掲載について、趣旨に賛同できる団体の情報提供をお願いしました。

7.「県への要請について」「基調報告」について

引き続き各団体から、8月中旬までに意見をいただくこと、団体活動報告用紙の提出・送付をお願いしました。

8.分科会

タイトル・講師・時間配分、進め方、役割分担等についてそれぞれ話し合いを行いました。分科会助言者の依頼について、7月末日までに確定していただくことを確認しました。