第45回通常総会議案、監査報告書等を確認

埼玉県生活協同組合連合会監事会

 5月12日(木)14時55分より、埼玉県生協連・会議室にて埼玉県生協連2015年度第5回監事会が開催され、監事3名中3名、埼玉県生協連2名が出席しました。監事監査規則第10条の規定により前田監事が議長として、議事運営について提案を行い、議事を進行しました。

■会長理事との懇談

1.第45回通常総会議案書(案)

会長理事より議案書(案)を報告し、質疑・意見交換を行いました。

2.2016年度予算関連

(1)2016年7月〜2017年7月会費について

(2)予算決定に関する資料

  • 「法定準備金の充足状況と教育文化費の内訳」について質問があり、会長理事より、「法定準備金は出資金の1/2を超えていること」「2016年度からコヨットの経費を全額県連が負担します」と回答しました。

3.県生協連総会議事次第

  • 県生協連総会での監査報告を監事に依頼しました。

4.2016年度県連体制について

5.別途積立金について

会長理事より、前回の監事会で指摘された、別途積立金の位置づけと上限額についての考え方と方向性を提示し、質疑・意見交換を行いました。

懇談終了後、会長理事は退席し、以下の議題を審議しました。

■議題

1.監査報告書と監査報告書提出について

監査報告書の内容を確認し、以下の質疑を行いました。

  • 「内部統制の項目や伝票の押印日付の記載等」について指摘がありました。
  • 総会での監査報告は横田監事が行うことを確認しました。

2.監査報告書、出資金台帳、生協指導検査に関する監事意見書への押印

3.今後の日程案

2016年6月29日(水)15:20〜第1回監事会 総会監査、監査計画、監事会日程