基調報告・記念講演・全体会の役割分担等を話し合いました

第51回埼玉県消費者大会実行委員会

 6月16日(火)13時30分より、浦和コミュニティセンター第15集会室にて、第3回実行委員会が開催され、32人(21団体)事務局2人が出席しました。

【議題】

1.第2回実行委員会報告

前回からの修正・変更点となる項目について確認しました。

2.第51回大会スローガン

第1回・2回実行委員会、幹事団体の話し合いを受けて、検討した結果、スローガンを次のように確認しました。

「平和で安心してくらせる社会のために 行動する消費者になろう」

3.大会基調報告について。

岩岡事務局長より、基調報告一次案を報告し、意見交換を行いました。意見交換では、食の教育(食育)の大切さ、JA改革などの食をめぐる情勢、食品ロス等について追加が必要ではないかとの意見がありました。次回の実行委員会に向けて2次案にまとめ、継続して検討することになりました。

4.記念講演テーマ・全体会のスケジュールについて

  • 講師に、私たち消費者を取り巻く社会的な問題についてお話をいただき、今の生活から、消費者が半歩でも踏み出して行動することの大切さをお話いただく内容を基本に、事務局が講師と打合せを行い、その結果を次回の実行委員会で報告します。
  • 全体会のスケジュールは、基本的なスケジュールをオープニング15分、記念講演60分とすることを確認しました。オープニングの内容については、FAX集約などで意見をいただき、次回実行委員会で確認することになりました。

5.全体会の役割分担について

  • 司会2人は、公団自治協と桶川市くらしの会より選出することを確認しました。アピールについては、事務局で調整し次回実行委員会で報告することになりました。

6.分科会について

  • 5分科会を行うことを確認しました。
  • 分科会テーマについて
    @食、A消費者問題、B社会保障、Cくらしの問題、D憲法・法律
  • 実行委員会後、分科会毎に話し合いをしました。

7.事務局連絡

  • 第1回県内消費者団体交流会ご案内
  • 第2回プレ学習会のご案内
  • 関東米粉食品普及推進協議会からのご案内