第50回埼玉県消費者大会 大会基調報告(二次案)、県への要請内容をまとめ意見交換 第5回実行委員会

 第5回実行委員会が8月19日(火)、浦和コミュニティセンター第14集会室でおこなわれ、消費者団体21団体と事務局35人が出席しました。

 事務局より前回第4回実行委員会と7月14日におこなった第2回プレ学習会(84名が参加)について報告された後、大会基調報告の二次案について話し合いました。

大会基調報告(二次案)を確認しました

 基調報告への多くの意見を踏まえながら、私たちの運動があってこそ法の整備が進んできた成果が確認できるような表記、スローガンの視点については、平和でなければ消費者運動がされないことなど意見交換しました。文章内の数字について更新し、優しい表記とすること、「原発のない社会をめざす」などの課題については、表現に留意して最終案へまとめることを確認しました。

県への要請書・大会アピール(一次案)について意見交換しました

 49回大会と対比しながら、「再生可能エネルギーや原発と放射能問題・環境」、「くらし・医療・介護・福祉」、「教育子育て」、「消費者行政」、「農業と食の安全」、「核兵器の廃絶」の各項目に実行委員団体の要望を含めてまとめ、内容について意見交換しました。

全体会について確認しました

 プログラム、役割担当者について確認した他、50回記念誌の編集内容や配布先について提案されました。

 その他、平成26年度市町村消費生活関連事業調査の回答状況とまとめに向けた進行について報告されました。

分科会について、各分科会で話し合いました

 担当に分かれ、当日の分担や進行について詳細な話し合いがされました。

<今後の予定>

第6回実行委員会

9月17日(水)13:30〜15:30

浦和コミュニティセンター第8・9集会室