埼玉県委託事業 2014年度第1回県内消費者団体交流会が開催されました

 今年度第1回の消費者団体交流会が6月20日(金)、県内の19の消費者団体49人が参加し、さいたま市浦和区の埼玉会館で開催されました。

地域における消費者市民育成へ〜改正消費者安全法と私たちの課題について学びました

 地域での消費者行政充実と連携が課題となっている中、「私たち、ますます地域で活躍してしまいそう!」〜市町村消費者行政の機能と地域体制づくりの課題〜をテーマに、埼玉弁護士会前会長の池本誠司弁護士を講師に、地方消費者行政の現状とこれからの課題について学習しました。

地域での自立した消費者活動の推進へ、消費者団体同士で交流しました

午後からは、「会員の高齢化や減少、次世代への引継ぎ」「行政との協力事業、行政からのサポート」「消費生活展の運営や参加」「いまこそ、おせっかい 地域のつながり」の4つのグループに分かれて交流しました。

■2014年度 第1回県内消費者団体交流会

【参加団体】

桶川市くらしの会、行田市くらしの会、久喜市くらしの会、生活協同組合コープみらい、
埼玉消費者被害をなくす会、埼玉県消費生活コンサルタントの会、志木市くらしの会、
白岡市くらしの会、西部地区活動推進世話人会、所沢市消費者団体連絡会、
新座市消費者展実行委員会(生活クラブ生協新座支部)、めぬまくらしの会、
埼玉県地域婦人会連合会、埼玉母親大会連絡会、埼玉公団住宅自治会協議会、
埼玉県生協ネットワーク協議会、埼玉県生活協同組合連合会、埼玉県消費者団体連絡会

【行政からのご参加】

埼玉県(県民生活部消費生活課)、新座市(経済観光部経済振興課)、深谷市(市民生活部 市民課)