TPP参加に反対し、食とくらしを守る5.17埼玉県民集会を開催します(埼玉消団連ほか主催)

 3月15日、安倍首相がTPP環太平洋経済連携協定への交渉参加を表明し、連日、大きく報道されています。この問題について埼玉県消費者団体連絡会(略称:埼玉消団連)ほかの主催で「TPP参加に反対し、食とくらしを守る5.17埼玉県民集会」を来る5月17日、浦和コミュニティセンターにおいて開催します。

 TPP環太平洋連携協定は、農産物のほか、保険制度、食品添加物や遺伝子組み換え食品など食品の安全基準ルールづくり、投資家と国家の紛争解決条項(ISDS)、金融サービス分野など21項目に及びます。コメなど農林水産分野重要5品目や国民皆保険制度などの「聖域」扱いはあるのか、「交渉に参加しなければ、国民生活の水準、国際社会における地位を保つことは出来なくなる」のか、貿易や投資、各国共通の規制のルールづくりに日本の主張を反映することは出来るのか、広く県民が集い、TPP協定の問題点と私たちのくらしにとってのTPPを考える機会としてまいります。

1.日   時:
2013年5月17日(金)10:00〜12:00
2.会   場:
さいたま市「浦和コミュニティセンター」10階 多目的ホール
3.内   容:
講演『TPPと私たちのくらし』
 
講師:行友 弥(ゆきとも わたる)氏
 
((株)農林中金総合研究所顧問・特任研究員、元毎日新聞社経済部編集委員)
 
意見表明(参加団体より)
4.参加費:
無料
5.主   催:
埼玉県消費者団体連絡会ほか
 
詳しい案内はこちら【PDF:229KB】
6.お問い合わせ
埼玉消団連「5.17TPP県民集会」事務局(埼玉県生協連内)
 
電話048−844−8971