10月度・埼玉消団連幹事会 報告

【日   時】
10月19日(金)10:00〜12:00
【場   所】
浦和コミュニティセンター第2集会室
【出席者】
8人(母親大会、公団自治協、生協ネットワーク協議会、埼玉消団連)

審議事項

1.集団的消費者被害回復に係る訴訟制度案について

消費者庁消費者制度課の方より概要等の説明がありました。

2.食品安全政策強化の取り組み

食の安全に関する報道から、埼玉県の平成24年度産水稲作柄概況や県産野生キノコ放射性セシウムの検査等、また「食肉検定制度」スタートについて等の報告をしました。

3.消費者行政充実強化の取り組み

(1)県の消費生活審議会での条例改正について

(2)「消費者教育推進法」成立を受けての取り組み等について

(3)NPO法人埼玉消費者被害をなくす会の取り組み

  • 本日3度目の差止請求訴訟を起こしたことを報告しました。

4.第48回埼玉県消費者大会を終えて

(1)各参加人数やアンケートの声などの紹介から振り返り、報告集の発行について提案、意見交換しました。

(2)県との懇談会のスケジュールについて

(3)第49回消費者大会の日程について

5.県内消費者団体交流会

地区別交流会日程と会場について、各幹事の予定と照らし合わせ決定することを確認しました。学習他、行政訪問用紙の説明が必要等の意見交換がありました。

6.さよなら原発埼玉県民集会

呼びかけ人、活動報告の方のご協力で2800人が会場を訪れるという盛会裡に開催し、集会として決議が採択されたことを報告しました。

7.団体交流