3月度・埼玉消団連幹事会 報告

【日時】
3月18日(金)10:00〜12:00
【場所】
埼玉県生協連・会議室
【出席者】
6人(新婦人、母親大会連絡会、埼玉消団連)

■審議事項(※は補足、○は意見交換)

  • 食品安全政策強化の取り組み
  • (1)千葉県の農場において鳥インフルエンザの感染が2例確認されています。

    (2)埼玉県食の安全県民会議委員について

    埼玉消団連に依頼があり、3団体から各1名の推薦を確認しました。

  • 消費者行政充実強化の取り組み
  • (1)国民生活センターの在り方の見直しについて

    2/10、埼玉消団連も要望書を提出しています。また「国民生活センターのありかたを考える会」を全国消団連、全国消費者行政ウォッチねっと、消費者行政充実埼玉会議等で発足させ、第1回会合が2/24開催されました。

    (2)埼玉の消費者行政充実を考えるシンポジウムについて

    3/5、消費者行政充実埼玉会議が開催。各分野から52名が参加しました。

    (3)埼玉県の消費者基本計画について

    (4)埼玉消費者被害をなくす会の取り組みについて

  • 2010年度のまとめと2011年度の活動方針(二次案)について提案しました。
  • 「TPP等問題を考える埼玉の会 記念講演会」について
  • 3/11発生の東北関東大震災による影響により、講演会は中止とさせていただきました。

    3/25午後2時より、発会式のみ開催することを確認しました。

  • 埼玉消団連2010年度決算報告について
  • 2011年震災の影響を考え、4・5月の幹事会、実行委員会日程を5/10(火)に変更する方向で検討しました。度埼玉消団連年間日程(案)について
  • 第47回埼玉県消費者大会について
  • 第1回実行委員会の運営、記念講演・プレ学習会のテーマ等について意見交換しました。

  • 団体の活動交流