【日  時】 12月25日(木)13:30〜15:00
【場  所】 浦和コミュニティセンター第4集会室
【出席者】 11人(埼玉消団連、県婦連、コーペル、母親大会連絡会、埼玉県生協連、生協ネットワーク協議会、ドゥコープ)

議 題
1. 埼玉県食品衛生監視指導計画案に対する意見交換を行い、さいたま市・川越市もあわせて、以下4点について要望する事が確認されました。
  • 輸入食品の残留農薬の検査は国の検査だけでは充分とはいえず、自治体での検査が必要であり、検査体制の充実強化。
  • 輸入加工食品も検査対象にする。
  • リスクコミュニケーションの内容について、県民の意見を聞くスタンスでの開催。
  • BSE全頭検査の継続。
2. 今後の日程について確認されました。
3. 報告・資料提供等
(1)2008年度第4回オンブズ会議報告(11/10)
(2)2008年度関東信越厚生局との懇談会報告(11/10)
(3)「国際食料需給と農産物国際貿易、そして食料自給率」報告(12/3)
(4)「食の安全学習会」〜BSE全頭検査とリスクコミュニケーション報告(12/4)
(5)関東農政局2008年度「第2回埼玉県消費者団体との意見交換会」報告(12/11)
(6)「ご存知ですか動物検疫?〜動物の病気を持ち込まないために」報告(12/15)
(7)BSE関連まとめ
(8)平成20年度埼玉県食品衛生監視指導計画(4〜6月)監視指導結果
(9)事故米・食品偽装等新聞記事