【日時】 1月23日(水)10:30 〜12:30 【場所】 埼玉県生協連・会議室
【出席者】 10人(県婦連、新婦人、埼玉母親大会連絡会、公団自治協、
   生協ネットワーク協議会、埼玉県生協連、埼玉消団連)

■審議事項(*は補足、○は主な意見・質問)
1. 食品安全政策強化の取り組み
  (1) 「平成20年度さいたま市食品衛生監視指導計画」作成にあたっての要望書(案)を提案し、ご意見があれば1月末までに連絡いただくことを確認しました。
「平成20年度埼玉県食品衛生監視指導計画(案)」は1月末頃公表される予定。公表後要望をまとめる予定ですが、11月の食の安全県民会議に出された素案を基に要望書(案)を提案しました。
*食品衛生法から食品衛生監視指導計画は策定されている。食の安全を守っていくための重点になるもの。各団体でもパブリックコメントを出していくことが必要。
  (2) 第18回食の安全県民会議現場意見交換会(1/16)の報告をしました。
2. 消費者問題関連の取り組み
  (1) NPO法人埼玉消費者被害をなくす会の取り組みと当面の課題
第6回活動委員会の報告と学習会(2/12・2/14) のご案内をしました。
3. 第43回埼玉県消費者大会の報告集を配布し、埼玉県への要望に対する回答の今後の取り扱いについて、引き続き注視しておくべき項目等を話し合いました。
4. 「最近の物価の値上げについて」埼玉県県民・消費生活課と意見交換を行いました。
原油価格の高騰をうけ、石油製品を始めとする生活必需物資等の価格動向についての実態把握のため意見交換を行いました。
5. 各団体の活動交流を行いました。