埼玉県生活協同組合連合会

2019年度助け合い活動交流会報告
共同の学習会の要望や地域で連携をとの声が出されました

 1月17日(金)10時30分より、浦和コミュニティセンター第15集会室にて、地域で助け合い活動に関わる組合員・職員3生協31人が参加し、助け合い活動交流会が開催されました。助け合い活動交流会は、互いの活動を交流し、生協の枠を越えて地域の中でつながりあいながら、助け合い活動や地域の見守り活動を充実させていくきっかけづくりの場と位置付けているものです。

1.報告の内容

  1. (1) はじめに、埼玉県生協連専務理事の吉川より、2000年に策定された埼玉県生協連の福祉政策などに触れながら、生協の助け合い活動の意義や地域の見守り活動について、説明がありました。
  2. (2) 次に、助け合い活動のしくみと実際の活動事例について、コープみらい、パルシステム埼玉、医療生協さいたまからスライドとパンフレットなどを使って、それぞれ説明がありました。自治体との関係づくりのためにどのような働きかけをしているか、組合員外でも援助を受け付けることにした経緯についてなど、質疑応答がありました。
  3. (3) 昼食をはさみ、6つのグループごとに活動交流をし、最後に各グループから交流内容について発表しました。

2.振り返りシートから

参加者の感想
一緒にとりくめると思ったこと

3.次回に向けて

 担い手のいない地域での他生協の紹介について、また、共同の学習会開催について多数の声があることから、実施に向けた検討をすすめていきます。

活動のご紹介