サイトマップ 加入について プライバシー お問い合わせ アクセス リンク集
トピックス
埼玉県生協連について
県内の生協
県生協連ニュース
お知らせ
速報・写真ニュース
埼玉消団連
埼玉消費者被害をなくす会
埼玉県生協連TOPページへ

慰霊式の振り返りと今後にいかすことなどについて意見交流

第33回埼玉県原爆死没者慰霊式実行委員会

 8月29日(水)14:00より、埼玉県生協連会議室にて、第4回実行委員会を開催し、11団体17人が出席しました。 

出席:埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)、埼玉県生活協同組合連合会、埼玉県地域婦人会連合会、原水爆禁止埼玉県協議会、埼玉県平和運動センター、被爆体験聞き書き行動実行委員会、コープみらい、パルシステム埼玉、医療生協さいたま、婦人民主クラブ

1.報告事項

(1)慰霊式報告

(2)団体別等参加者数〜全体250人、個別に報告をお願いする。

(3)来賓やメッセージ関連

  • 来賓31(昨年32)〜国会議員5(4)・秘書3(7)、県議8(5)、さいたま市議4(3)
  • メッセージ39(昨年33)

(4)御礼関連

  • 県知事、さいたま市長を御礼挨拶訪問(しらさぎ会)
  • 御礼状発送(来賓とメッセージ贈呈者)

(5)平和のメッセージカード955枚(昨年680枚)

(6)折り鶴協力団体等

(7)会計報告〜口頭報告

(8)報道関係〜テレ玉、埼玉新聞、読売新聞、毎日新聞、しんぶん赤旗 新聞報道等

(9)感想など

①良かった点

時間短縮で工夫(献花左右2列、挨拶)
斉藤とも子さんの被爆の証言に感涙

②次回に生かしたいこと

各会派からのご挨拶について
式典は最大90分まで。午後会場が確保できていれば10時半開始も
被爆の証言のタイミングを献花の前に変更。献花の最初はゆっくりと丁寧に。
司会の位置変更を(連絡のため)、受付と司会をつなぐ連絡係の設置
9階メッセージが見えづらく照明の工夫が必要、原爆パネル落下留め
若い方の参加を多く〜戦争展との連動、組織的なつながりを
会場確保について
献水について

2.その他

(1)第34回埼玉県慰霊式日程について

(2)その他